夕焼け1_edited.jpg
​和久羅山
​(262m)
​嵩山
(322m)
寝観音
​八尋鼻
萱島

Majestic

荘厳な姿

太陽は大山の方角から昇り、「錦の海」と呼ばれる中海のむこう島根半島へと沈んでいきます。和久羅山(わくらさん)と嵩山(だけさん)は米子城から望むと、極楽浄土へ導く観音菩薩(阿弥陀如来の化身)が寝ているようなシルエットで見え、地元では「寝観音」と呼ばれています。(和久羅山が頭、嵩山が体)はるか昔、戦国の世に安寧を求めて、また戦に勝つことを願い、熱心に神仏に祈りを捧げた戦国武将の姿が偲ばれます。